丸亀城大手一の門(太鼓門)公開!

6月10日の「時の記念日」に、丸亀城大手一の門で「時太鼓(ときのたいこ)」が復活しました。
大手一の門は、寛文10年(1670)に建築され、藩士が太鼓を打ち、刻(とき)を知らせていたことから“太鼓門”とも呼ばれています。江戸から平成へ・・・時代を経て「時太鼓」が城下に響き渡ります。
またこれに合わせて、内部も一般公開され、昔の太鼓やしゃちほこ瓦、城を防御するための“石落とし”の仕掛けなどが見学できるようになりました。

丸亀城は「日本百名城」に選ばれました。

手前にみえるのが大手一の門。重要文化財に指定されています。生駒・山崎の時代に南側にあった城の正面は、京極家の治世になり現在地の北側を正面とし、大手一の門・二の門を構えました。入母屋造の本瓦葺で、棟の両側に鬼瓦としゃちほこ瓦がそびえています。

大手一の門の主要部分には、けやき材が使われています。手前は昔使われていた「時報太鼓」。

正午(九ツ時・午刻)を告げる平成の「時太鼓」。楼中には、さわやかな風が通り抜けます。

「長持」(右)衣料などを収納する箱。嫁入り道具のひとつとして使われていました。

「かご」(左)人を乗せて運ぶ道具として中世から使われ始め、近世に広く普及しました。

「しゃちほこ瓦」火事の際に水を噴き出して火を消すという伝説があり、鬼瓦同様守り神とされました。

見学時間  10:00〜16:00
お休み  雨天時

*見学希望の際は、城内観光案内所に声をかけてください

お問い合わせ 0877−22−6278(丸亀市総務部文化財保護担当)
©2006 TOURISM MARUGAME All right reserved.